返済期日までにお金を返済しなかった場合、一体どうなってしまうのでしょうか? 例えば、借りている金融機関に何も連絡をしなかった場合は、金融会社の方から連絡がきます。 そして、それをそのまま無視していると、「遅延損害金」という損害金が発生してしまい、返済額が増えてしまいます。 また、その後も何も連絡しなかったり、お金を返済しなかった場合は、裁判に発展する可能性があるので、気をつけてください。 そのため、もし、返済が難しいと感じた場合には、早めに金融機関に連絡して、相談するようにしましょう。 そうすれば、返済期日を延ばしてくれたり、1回の返済額を少なくしてくれる可能性があります。 ただ、基本的には返済期日までにお金を返すのが決まりなので、できるだけきちんと返すことを心がけてください。 一度でも返済トラブルを起こしてしまったら、個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。 この個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまうと、キャッシングができなくなったり、ローン契約も難しくなってしまうのです。